第4話 眠りに落ちる前の貴婦人

更新日:2018年7月10日



1889年のパリ万国博覧会のシンボルとして建設された、誰もが知るこの街の象徴的な存在。



近づいてその足元を見上げると、緻密なレースのような鉄細工。


その塔のことを、「鉄の貴婦人」とパリの人が呼ぶのもそのはず。

「塔」はフランス語では女性名詞だから、というのが理由ではないと思う。


彼女のスカートの縁飾りはとてもたおやかで優美。その佇まいはどこから見ても女性的。






あらゆるところから、その姿をひょっこり現わす彼女。

スタイル抜群。




とある日のこと。

5区、パンテオン近く。

6月の夕暮れの空は、青色と黄金色で彩られていた。


オスマン様式のアパルトマンが夕日に照らされオレンジ色に染まっているだけでも、ため息をもらすのには充分だったのに、リュクサンブール公園の茂みの向こうから彼女がこちらを覗いているのに気づく。






パリの街は、ナポレオン3世時代、つまり19世紀中盤から終盤にかけて都市計画に真摯に取り組み、建物の高さ制限を完璧に設けたことにより今もなお、世界でも稀な統一感を誇る街。








長年ここに暮らしていても、その端正なる美しさには、しばしば立ち尽くすほど。



そのように見事に整った街並みに、異素材の鉄で出来た背高のっぽの彼女が登場した当時は賛否両論となり、話題の的になったのも想像がつく。本当ならばパリ万博後に解体の憂き目に遭うところ、彼女はただの鉄の塊ではなく、電波塔として機能することでその難をまぬがれた。