第26話 雨やどり回転木馬

更新日:2018年12月19日



気まぐれなのは、パリっ子のご機嫌だけではないようで。

空模様も彼らの気分に合わせるように揺れ動き、1日の中に全てのお天気が盛り合わせになる恒例の日々。雨、曇り、晴れ。そして再び雨。全く先が読めない、加えて日照時間が非常に少ない冬将軍がまたもやって来た。




うらめしいまでの雨模様の日々。

それでもこの街は曇り空が似合うようにできているように思う。

雨雲に覆われた空が、灰色で構成された屋根と石壁にしっとりと溶け合うから。




気まぐれな空のご機嫌が直りそうにもなく諦めていると、全ての悪天候を帳消しにするような美しき空を突然に見せてくれたりする。これだからパリ嫌いになれない。





雨が嫌い、なんて言っていたらこの街には住めない。

雨上がりの密かなお楽しみを見つけることは人生を豊かにするのだと言い聞かせ、雨がもたらす小さな幸せを探してみる。



それはたとえば、小道に描かれた水たまりの中のパリを探すことだったりする。

気にしなければ踏み潰してしまいそうだけど、目を凝らすと、見て。

街中のあちこちに美しい街が水面に落とし込まれているから。





水面を追い求めて下を向いて歩いていると、モミの木が目に飛び込んできた。


花屋の軒先からメトロの入り口までに売り場を拡大して、各家庭で飾られるのを待つモミの木が、もこもこと小さな茂みを作っていた。森にいるようないい香りがして、都会のど真ん中にいながらも、もうそんな時期なんだなと鼻先から季節を感じる。



そして、とびきり急ぎ足で訪れる17:00頃に迎える日没。

すると街は一斉に輝き出す。

いつのときも夜の街は宝石箱をひっくり返したみたいに麗しい街だけども、この時期はもっともっと優美で、まるでシャンパンの泡が弾けたよう。














欧州の街角でおなじみの回転木馬。

季節を問わず広場や公園の一角に常設されていて、週末はもちろんのこと、学校が早仕舞いの水曜日には子供たちで賑わう。

大人が乗ってももちろん良い。日没後にひとたび乗れば、街のイルミネーションが視界いっぱいに駆け巡り、まるで自分がシャンパングラスの中の気泡の一粒になったような心地にしてくれる。



とはいえ、雨が降っていたら屋外で回転木馬に乗る気持ちにもなれない。

そんな時のためのとっておき、屋内のアクティビティ。

大人のためのいにしえの《縁日博物館》に行くという手がある。



19世紀末〜20世紀初頭の移動縁日で実際に使われていた美術品級の遊具たちや、それにまつわるオブジェなどを欧州各地から熱狂的に収集した骨董マニアのムッシュー、Jean-Paul FAVAND氏。集め過ぎた結果、パリ南東部ベルシー(Bercy)の巨大な元ワイン貯蔵庫を買取り、数々の回転木馬を始め彼のコレクションを展示品としてではなく、なんと実際にそれらを使って遊び体験することで、当時のムッシューとマダムたちの記憶の中にタイムワープすることができる《縁日博物館》を作ってしまったのだ。