top of page

第34話 空との対話



日に日に日没が遅くなるのを肌で感じる。


やわらかな風。

春のはじまり。


人生は薔薇色なのかな。

答えは、ウィ。


そうに違いない。

少なくとも空がピンク色に染まる日は。




- Music -

" One Note at a Time "

Chilly Gonzales

header.all-comments


empty-state.commenting-locked-text
bottom of page