第3話 三日月とオルレアンの乙女

更新日:2019年4月5日









1439年9月の、つい最近のできごとについて。












 モロッコでは今、1439年9月という時が流れている。これはイスラム暦とも言われるヒジュラ暦による時間軸。ほんの時々見かけるたびに、一瞬、中世に迷い込んだような不思議な錯覚に陥る。


 ヒジュラ暦は月の満ち欠けで暦を読む太陰暦。1ヶ月の始まりは夜空の中に新月が見えたとき、そして月が消えたときがその月の終わり。月が満ちて再び欠けてゆくまでのサイクルは29日から30日。そのためモロッコの暦は、西暦と比べた場合に毎年だいたい11日くらい前倒しになってゆく。





 数年前の「9月」は真夏だった。そして今年の「9月」は異常気象も手伝ってのことか朝夕がまだ少し肌寒い。5月のうちに咲いては散るジャカランダが、今年は6月に入った今もまだ薄紫色の花を咲かせ、あちらこちらでピンクの街並みとの淡いコンビネーションを見せている。和名の「紫雲木」の文字が持つ美しさそのままに。








 四季の移り変わりとカレンダー。自然の摂理と数字。切っても切れないはずと思っていたものが、ここでは年々ずれてゆく。足並みの揃わないふたつの世界を逆手にとって、この時空のゆがみを存分に愉しむ。