第27話 ラグーンの薬壺

更新日:2019年1月25日




 本の中で、こんなエピソードに出会った。


 ある考古学の発掘調査のための探検隊キャラバンを先導していた先住民族がストライキを起こし、突然その場から動かなくなってしまった。首長が語った理由はこうだった。


 わたしたちはここまであまりに速く歩き過ぎてしまい、心を置き去りにしてきてしまった。心がこの場所に追いつくまで、しばらくここで待っているのです。





 予定が詰まった手帳が昔からあまり得意じゃない。何が書き込まれるのかまだ決まっていない、空っぽの部分が残されている方が心地よい。余白が充分にある風通しのよいぺージ。


 その時々のムードで予定を決めるというノマド暮らしの方を好むのだと思う。でもそれ以上に、置き去りになった心を待つための時間が必要だということに、きっと無意識が気付いていたからなのだろう。




 

 ところが、そもそも「予定」という観念が端から存在しない節があるこの国に暮らすようになってからは、事情が変わってきた。少なくとも、腰を据えてマラケシュの職人たちと共に仕事をしてゆくのだと腹をくくるのであれば。


 先のことにはかまわず、ラディカルなまでに今を生きる職人たちとリズムを揃えることは、同時に、彼らの「予定なき予定」に合わせることでもある。


 インシャアッラー。すべては神の御意のまま。


 一見して真っ白な彼らのカレンダーは、実のところ神の手によって書かれた目には見えない予定でびっしりなのだ。それは、急な変更や取り消し、永遠とも思われる遅延、かと思えば突如やってくる実現など、まったくもって先読みが不可能な、意外性の不断な連続として押し寄せてくる。


 一寸先は闇。職人たちの動きにフレキシブルに応対することを最優先に日々を過ごしていると、朝起きてから夜寝るまでの間は「オフ」になる隙間を見つけるのは案外難しい。





 予定なき予定が支配する、オン/オフの境界線があいまいな毎日の中で。無になるためのささやかな時間を作り出すこと。


 リヤドのパティオの一角を借りて。友人に教わる、週に一度のピラティス。ジャスミンの芳香に包まれて。





 終わりが見えない仕事を一旦忘れて料理に打ち込む。グリンピースのさやをむく、ひよこ豆の皮をむく、マッシュルームの皮をむく。「むく」というのは、文字通りに一皮むけるような感じがよ