バブーシュにゼリージュウタン。スムスムのインテリアのラインアップに、クッションが加わりました。

 

表面テキスタイルはウズベキスタンのインテリア生地。世界の旅先から持ち帰った生地を使ってクリエーションをする「laRihla《ラリラ》」とのコラボレーション・アイテムです。ソヴィエト時代の1920-1930年代に生産されていたロシア風デザインのプリントを思わせます。

 

裏面には、モロッコの民族衣装のための服地の中からレオパード柄のブロケードを選びました。留め具としてあしらったのは、民族衣装・伝統着に用いられる“ラァカド”と呼ばれる飾りボタン。いずれも表面のテキスタイルおよびフリンジに合わせて配色しております。

 

家と旅。プライべートとアヴァンチュール。正反対のように見えて、実は表裏一体。スムスムのインテリアのシリーズでは、日常の中にも旅のエッセンスを取り入れるかのような、心がふわっと喜ぶようなアイテムをお作りしています。いつものお気に入りの空間に遠い異国の色と柄で挿し色を入れて、自分だけの空間作りをお愉しみください。

 

 

※中材は付属しません。カヴァーのみの販売となります。

  なお、撮影には45cm角のヌード・クッションを使用しております。

 

 

 

◆laRihla《ラリラ》◆

 

アラビア語で「旅」を意味する、日本人とフランス人ふたりによるマラケシュ発のユニット。旅をして、その土地々々で出会った素材を持ち帰り、モロッコの伝統技術で形にする。西アフリカの部族に伝わる織物や、ウズベキスタンのイカット、フランス更紗・トワル・ドゥ・ジュイなどで作るプフのシリーズが個性的。

 

https://www.cyber-hanout.com/larihla

クッション・フランジュ&キャレ〈ソヴィエティック・ブーケ〉

¥6,500価格
fringe color
  • 本体 

      縦/約44cm 横/約44cm

    フリンジ

      長さ 約3cm



Copyright (C) 2015 semsem All Rights Reserved.