《महारानी بابوش》

 

手作業で1日に1足のペースでじっくり時間をかけて作られる、昔ながらのフォルムが美しいバブーシュ。

 

インドの市場で買い付けた刺繍ワッペンを、モロッコのテキスタイルにアップリケ。“一点もの”として仕立てたマハラニのバブーシュは、世界の旅先から持ち帰った素材を使ってクリエーションをする「laRihla《ラリラ》」からのアイテムです。

 

底には硬くて丈夫ならくだの革を使用しているので、外履きとしてお使いいただけます。

 

 

 

◆laRihla《ラリラ》◆

 

アラビア語で「旅」を意味する、世界旅行からのインスピレーションによるスムスムの新ライン。

 

異国をめぐる旅の中で出会った素材を持ち帰り、モロッコの伝統技術で形にする。

 

フランスの西洋更紗 トワル・ドゥ・ジュイ 《Toile de jouy》で 。ブルキナファソやコートディヴォワールのバウレ族 《Baoulé》 の腰巻で。そしてインドから持ち帰ったハイデラバードの手織りイカットも。エトセトラ、エトセトラ。

 

世界中のテキスタイルを用いたスムスムの新世界。

 

https://www.semsem-paris-marrakech.com/larihla

〔laRihla〕バブーシュ・マハラニ〈ペイズリー〉

¥14,300価格