「ポシェタ」のフォルムをそのままで。色と文様、仕立て屋の装飾技術をぎゅっと詰め込んだ「ポシェタトート」に、カジュアルなコットン素材が仲間入り。

 

ひと角だけゆるやかにカーブする独自のフォルム。もうひとつの角には、小ぶりながらもヴォリューム感のあるミニ・タッセルでアクセント。持ち手には民族衣装のジュラバやカフタンの襟・袖飾りに欠かせない装飾リボンを用いました。

 

トート本体のテキスタイルは、オランダでデザインされたアフリカン・ワックス・プリント。世界の旅先から持ち帰った生地を使ってクリエーションをする「