※こちらの商品はマラケシュにストックがございます。ご予約が可能です。

ご購入お手続きの際、3番目のステップ「お支払い方法」で「その他」をお選びください。マラケシュからの不定期便で日本へ発送後、拠点の横浜に入庫した時点でカードまたはお振込でのお支払いのお願いをさせていただきます。

 

ご予約からお届けまでお時間をいただくため、お待ちいただける方のご利用をお待ちしております。

 

どんな些細なご質問もうけたまわりますので、こちらからお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

✴︎Vide-grenier(ヴィッド・グルニエ)✴︎

 

屋根裏部屋に眠っているものを引っ張り出してのガレージ・セールを意味するフランス語。

 

少しシーズンが古くなってきたコレクションや、職人たちに非はないものの素材そのものに少々いわくがあるもの;例えばテキスタイルに織り傷があったり、革にえくぼがあったりなど、仕事の観点からは文句なしにきれいに仕上げっているものの、とある理由から行き場を見つけられずにいるアイテムたち。

 

どれもひとつひとつ手作業で、プロパー商品と寸分変わらず作り出されたものばかり。ストック置き場に積まれたままではあまりに可哀想で、やはり使っていただくことで初めて命が吹き込まれると思うのです。特に革は動物の命をいただいたもの。すべてが有用なものであるとして、余すところなく活用したいという想いがあります。

 

スムスムの“ヴィッド・グルニエ”。初めての方にも、いつもご愛用いただいている方にも。みなさまに広くご利用いただきたいという想いを込めて始めてみます。

 

 

タイプ:2ème choix

・底面の縁に2cmほどの傷(布のほつれ)が1箇所あり

 

 

 

-ラリラ:世界の布で作るプフ-

 

旅先のウズベキスタンから持ち帰った綿絣の織り物を用いて、マラケシュ郊外の“カルカルの女性たち”の手でプフに仕立てています。

 

“イカット”とは、もともとはインドネシアの言葉で柄や図案、布そのものや織りの行程を表すもの。それが、いつしか「絣」のことを指すように。今回の旅で選んだのは、昔ながらの手法で織られた、フェルガナ盆地の色鮮やかな機械織り。

 

サルマと呼ばれる飾り紐は、気の遠くなるような手作業により一粒一粒丹念に刺し込まれています。 底を閉じるための紐は、イヴ・サンローランが眠るマジョレル庭園内ブティックにも商品を納めている、由緒ある工房へのオーダーメイド。

 

スツールとしてはもちろんのこと、ちょっとしたサイドテーブル代わりやオットマンとしてなど、一度取り入れたら日常から外せなくなってしまうプフ。インテリアのアクセントとして、さり気なくも幅広くご愛用いただけます。

 

 

 

◆laRihla《ラリラ》◆

 

アラビア語で「旅」を意味する、世界旅行からのインスピレーションによるスムスムの新ライン。

 

異国をめぐる旅の中で出会った素材を持ち帰り、モロッコの伝統技術で形にする。

 

フランスの西洋更紗 トワル・ドゥ・ジュイ 《Toile de jouy》で 。ブルキナファソやコートディヴォワールのバウレ族 《Baoulé》 の腰巻で。そしてインドから持ち帰ったハイデラバードの手織りイカットも。エトセトラ、エトセトラ。

 

世界中のテキスタイルを用いたスムスムの新世界。

 

https://www.semsem-paris-marrakech.com/larihla

〔Vide-grenier〕イカットのプフ/ウズベキスタン09✴︎

¥33,000 通常価格
¥26,400セール価格
  • ◆本体 

    直径:約55cm

    高さ:約30cm

     

    ◆タッセル

    紐:約130cm

    房:約10cm

     

    サイズはあくまで目安となります。手仕事品のため個体差がございます。また、形やヴォリューム感はあんこの詰め具合によっても変化します。