top of page

こちらの商品はマラケシュにストックしているアイテムとなります。ご予約が可能です。

 

ご購入お手続きの際、3番目のステップ「お支払い方法」で「その他」をお選びください。横浜に入庫した時点でPayPal/カードまたはお振込(ゆうちょ銀行)でのお支払いのお願いをさせていただきます。

 

ご予約からお届けまでお時間をいただくため、お待ちいただける方のご利用をお待ちしております。国内拠点の横浜に一旦入庫してからのお届けとなります。

 

 

どんな些細なご質問もうけたまわりますので、こちらからお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

なお、発送状況などにつきましては、随時SNSの投稿やInstagramのハイライトにてアナウンスさせていただいておりますので、ご参照いただけましたら幸いです。

 

 

・・・✈︎・・・✈︎・・・✈︎・・・✈︎・・・✈︎・・・✈︎

 

 

✴︎səmsəm Sélection Souk✴︎

 

səmsəmのフィルターを通したモロッコの魅力探索。宝の山の中で一段と光っている手仕事品たち。

 

独自の世界観で集めたとっておきのセレクト品、ぜひご堪能くださいませ。

 

 

 

<マルケトリのティーポット>

 

マルケトリ;寄木細工や螺鈿や角・骨を素材にした切り嵌め細工を表すフランス語

 

 

e.ブティカでも紹介をし始めてすでに久しくなった、ヴィンテージのモロッコの茶道具。

 

今回ご紹介するのは、これに真鍮のピースとレジンを組み合わせて細工がなされてアップサイクルされたもの。

 

 

洋の東西、そして新旧の美が混ざり合った、いびつながらもウィットに溢れた佇まい。

 

こちらのシリーズは、どことなくアール・ヌーヴォーを彷彿とさせます。もしもビアズリーの絵に彩色がなされていたら、意外にもこんな色彩だったかも?と思わずにはいられないような。淡いニュアンスカラーが可愛らしくも、どこか妖艶な佇まいのキャニスターです。

 

 

 

<ヴィンテージの茶道具について>

 

モロッコにもティー・セレモニーの文化があります。王族の由緒ある儀式はもちろんのこと、庶民の日常においても日に何度もお茶を沸かして団らんする習慣が深く根付いています。シュウィーヤ ブ シュウィーヤ(スローリー、スローリー)、ひと休み、ひと休み。

 

古き良き時代、セルヴィス・ア・テ(service à thé;お茶セット)は一家の調度品として欠かせないものでした。ティーポットやトレイに次いで、三つ揃いのキャニスターも定番の道具。

 

一番大きい容れ物にはミントの葉を、中くらいには砂糖のかたまりを、そして小さいものにガンパウダーなどのグリーン・ティーの茶葉を。それぞれ役割がちゃんと決まっていました。

 

今でも地方部の集落を訪ねてみれば、そんな愛らしい茶道具“3兄弟”が現役で使われているのを目にします。それも今日スークで見られるような大量生産品ではなく、ひとつひとつが手で作られたことが見て取れる、いとも愛らしい過去の時代の逸品たちを。

 

少しいびつなそれらには、作り手である職人の名前や産地が刻まれているはず。


このシリーズはおそらく30〜40年くらい前に使われていたのもので、底の裏面にはアラビア語で工房名(文字がつぶれていて解読不可能)の刻印が入っています。

〔Sélection Souk〕マルケトリのシュガーポット/パステル②✴︎

¥22,000価格
  • ✴︎本体

    直径(最大):約11cm

    直径(口):約7.5cm

    高さ:約11cm

bottom of page