✴︎səmsəm BROCANTE〈ブロカント〉✴︎

 

骨董店や青空がらくた市を歩き回って集めた、美しい古道具たちをご紹介。すべて古き良き時代の一点ものとなります。

 

 

<ミントティー・ポット>

 

モロッコにもティー・セレモニーの文化があります。王族の由緒ある儀式はもちろんのこと、庶民の日常においても日に何度もお茶沸かして団らんする習慣が深く根付いています。シュウィーヤ ブ シュシーヤ(スローリー、スローリー)、ひと休み、ひと休み。

 

現在にいたるまで、特に一家の調度品として欠かせないティーポット。特に古き良き時代の品はスークで見られるような大量生産品ではなく、ひとつひとつが手で作られたことを見て取ることができます。また、重厚であるほど高価なものであったと言われています。

 

少しいびつなそれらには、作り手である職人の名前や産地が刻まれているはず。このポットは、おそらく50〜60年くらい前に使われていたのものとのこと。

 

ヴィンテージ品が持つ味わい深い雰囲気で空間演出をしながら、かつ日用品として