✴︎Selection✴︎

スムスムが選んだとっておきの手仕事をご紹介。

 

 

-マラケシュ“無形文化財” par səmsəm-

〔彫金師 モハメッド・ハリールの真鍮細工〕

 

 昨今のモロッコのヴィンテージやアンティークのブームの中、日本をはじめとする海外からの買い付けが殺到し、この国にはもはや古いものが尽きてしまったかのように思えることが多々ある。そんな状況を目の当たりにし、この国に住まわせてもらい、この国にお世話になっている立場・身分として、そしてこの国の財産を享受した側の国に属するひとりとして、責任の一端を感じざるを得ません。

 

 そこでスムスムでは、年々廃れつつあるこの国の職人たちの技を保存・継承する取り組みにも強い関心を寄せています。それも、今日スークに氾濫しつつある“伝統工芸”のうわべを装っただけの大量生産品とは一線を画し、強い誇りを持って仕事にあたっている作り手たちとの出会いを大切にして。

(その試みのひとつとして、地方部の女性たちとともに作り始めたのがゼリージュウタン。)

 

 メディナの一角。小さな一坪ほどの工房でひとりで作業をする彫金職人 モハメッド・ハリール氏と知り合うことになったいきさつは、ちょっとした誤解と人違いという偶然から。今日まれに見る精緻な装飾を彫り出すハリール氏は12歳から彫りを学び始めた、この道50年の職人。

 

 ひとり精神統一する。心身ともに空っぽになる。すると、“たがね”がひとりでに模様を描き出す。その見事な手仕事は、今は滅多に見ることができないほどに繊細かつ華麗。トラディショナルな技と意匠でありながらにして、その図案の展開は実にイマジネーションに富んでいて、個性的で愛らしくも刹那的な文様を刻んでいる。

 

 自分もどうやらシバニ(老年)になった。敬虔な見た目とは裏腹に陽気で冗談が口を尽きないハリール氏が、ふ